発熱診療等の薬袋(外国語/やさしい日本語)

新型コロナウィルス感染症が拡大するなか、年末年始において発熱診療等医療機関として、対応している所も多いと思われます。その際、日本語が不自由な外国人の方のために、処方された薬への理解の助けとなるような薬袋を考えました。あらかじめ処方が決まっていることを前提に作成してありますが、作成のヒントも記したのでご参考になさってみてください。

【謝辞】

薬袋に使用しているピクトグラムのデザインは、ボランティアとして参加してくださった埼玉県立新座高校の 菊池 マリナ さんがデザインしてくれたものです。外国にルーツをもつ彼女は、自身も日本語の壁で悩んだ経験があり、今も日本語を勉強しています。日本語等の文字の壁があったとしても、絵を見て服用点が分かるようにとデザインを考えてくれました。自分自身の時間を削り、同じ境遇の困っている人の力になりたいと思い行動してくださった彼女の尊い心に、敬意を表すると共に心から感謝申し上げます。

【免責事項】

ご利用あたっては、各自の責任においてお使いください。本サイト並びに資料や資料にリンクされているサイトの利用やアクセスにより生じる如何なるトラブルや損失・損害に関しても発行者、製薬会社、各団体、当委員会は一切責任を負いません。

発熱診療等の薬袋(外国語/やさしい日本語)

<デザインパターン>

言語: 「英語ベースで日本語併記」パターン、「やさしい日本語」パターン

イラスト :朝食、昼食、夕食 をあらわすピクトグラム使用パターン

製剤写真: 製剤写真を入れたパターン

大きさ :(A5サイズと B6サイズ) 

 A5サイズ:薬袋150mm×210mm(特大サイズ)用。服用時点の同じ3、4種類の薬。印刷はA4紙

B6サイズ:薬袋125mm×175mm(大サイズ)用。1つの薬袋に1つの薬。印刷はB5紙

その他 :日付、服用方法、薬局名、等が入ったパターン、省略したパターン

ファイルのダウンロード(エクセル)はこちらから